健康第一、やさしいお住まいをご提供。

玄関へ足を踏み入れた瞬間やわらかく心地よい空気を感じる。
毎日家族が優しさにつつまれる空間。
私たちはそんな快適な室内環境こそが大切だと考えます。
その為に家全体の気密・断熱をしっかりとし、
気密性に優れたサッシ、天然無垢を使用した床やドア、
効率的に熱を移動させられる換気を使用し、
体にとても心地よい「クリーンな空気」を造り出します。
私たちはその「クリーンな空気を提供させて頂くことが、
お客様に健康で豊かな生活を提供することになると考えています。

近年日本でも、高気密高断熱住宅への取組みが進んでいます。「北欧の家 温森」の家造りは、ヨーロッパから発信されたパッシブハウスの概念、北欧諸国のエネルギー問題への取組みを参考にし、住宅の基本性能である気密性・断熱性を上げ、健康で豊かな生活がおくれる住宅の供給を目指しています。
パッシブハウスとはラテン語で「受け入れること」を表し、機械力で行うスマートハウス(アクティブハウス)とは違い、自然を多く取り入れます。北欧諸国では人為的な熱を出来る限り使わない住宅という意味でこの言葉が使われます。
「北欧の家 温森」は、家の気密性・断熱性を高め、暑さ寒さに影響されにくい住宅をつくることで、空気調整が必要のない、冷暖房のランニングコストを大幅に削減し地球の地下資源を出来る限り使用しない家なのです。
家の快適性に重要な働きをするのが気密性・断熱性です。
気密や断熱の高い家は、一度快適な温度をつくると家がその温度を蓄熱します。窓を開けることよって一時的に室内の温度が下がったとしても、家が蓄熱した温度(輻射熱)によって室温を元の温度にすぐ戻すのです。
温度が安定し、どの部屋に行っても快適な環境が確保された家では、温度変化による体への負荷を少なくし、ヒートショックなどの心配もいらなくなります。
「北欧の家 温森」は、気密性・断熱性を高め、寒い時も暑い時もその自然と共存する方法を備えた家なのです。
いわきのほとんどの地域では、暖房が住宅で使うエネルギーの大半を占めています。しっかりとした気密・断熱を備えれば、快適だと感じるほんの少しの暖と冷を与えれば、長い時間、冷暖房器を稼働させる必要はありません。
それは光熱費の軽減、高価な最新設備を購入しなくていい、という実利のみでなく、日本人の「四季と共存する快適性を求めたい」という気持ちも豊かにしてくれます。
「北欧の家 温森」は、気密・断熱性を高め、外に逃げていく熱を防ぎ余分なエネルギーを使わない「自然のままでいい家であると同時に、外周に【2×4材】よりも大きな【2×6材】を採用し、厚みのある断熱材を使用することで、さらに断熱性能の高い「自然のままでいい」家なのです。
日々の健康で豊かな生活を支えている住宅。何よりも大事にしたいのは安全性ではないでしょうか?「北欧の家 温森」は木造でありながらも、地震や火災に強いということが実証されている枠組壁工法(ツーバイフォー)を採用しています。
地震に対しては、床・壁・屋根が一体となったモノコック構造で、揺れを建物全体で受け止めて力を分散・吸収し荷重が一部分に集中することを防ぎます。ある程度の太さや厚さがある木材は、いったん燃えても表面が炭になるだけで、内部まで火は進行しません。また、床や壁の枠組み材がファイヤーストップ材となって火が上階へ燃え広まるのを防ぎます。
さらに、「北欧の家 温森」は従来の【2×4材】より強固な【2×6材】を外周に使用しておりますので、さらに耐震性、耐火性に優れた家なのです。
「北欧の家 温森」は家を建てさせて頂くことだけが目的ではありません。家づくりを通して健康で豊かな生活をご提供したいのです。北欧諸国の人々は「くつろぐ」という言葉をよく使います。家族との会話を増やし、絆を深め、英気を養う、家をそのよう場所と考えています。
「北欧の家 温森」は、家族とのゆったりとした時間、ほっとする優しさと温もりを提供する、そこで生きる人を健康で豊かにする家なのです。